トルコ共和国大使館・文化広報参事官室 May 2014
トルコ共和国大使館・文化広報参事官室 ニュースレター
トルコ 「仁親王殿下追悼記念コンサート」
三笠宮彬子様がご出席

去る4月27日、トルコの文化観光省主催により、アンカラ大統領府交響楽団コンサートホールにて「仁親王殿下追悼記念コンサート」が開かれ、日本・トルコ協会総裁の三笠宮彬子(あきこ)様がご出席されました。このコンサートは、三笠宮寛仁(ともひと)様の一周忌である昨年6月に実施予定でしたが、延期となっていたものです。

トルコ寛仁様は生前、日本・トルコ協会総裁を務めるなどトルコとは深い縁があり、寛仁様の第一女子である彬子様が昨年6月、後任の総裁に就任しました。彬子様のトルコ訪問は今回で6回目。

コンサートでは、始めに「仁親王殿下を偲ぶ」を上映し、殿下のトルコでの活動をご紹介しました。
続いて、日本から琴奏者・石垣清美氏、ソプラノ歌手・高橋薫子(のぶこ)氏、ピアニスト・三舩優子氏の3 名のアーティストが参加し、大統領府シンフォニーオーケストラとの共演で、コンサートが行われました。アンコールは、神津氏作曲の「カマンの夕日」の演奏。両国にとって、意義のある時間となりました。

関連記事(トルコ語のみ)
http://basin.kulturturizm.gov.tr/TR,93547/o-koydeki-cocuklari-kendi-medeniyetleriyle-bulusturdu.html

トルコ窪塚洋介氏
イスタンブルとボドルムにて撮影

去る4月、俳優でミュージシャンの窪塚洋介氏が、フリーマガジン「Adventure King(アドベンチャー キング)」の撮影のため、トルコのイスタンブルおよびボドルムを訪れました。

氏にとっては、初めてのトルコ訪問。トルコに行く前は、イスタンブルとカッパドキアのイメージが強かったとのことですが、実際にトルコを訪れてみて肌で感じたことは多かったようです。「原色」を感じさせるイスタンブル、ギリシャのような趣を与えるボドルム。特に、文明の交差点イスタンブルは、あまり「文明が交差している」とは感じなかったとか。イスラム圏とはいえお酒もクラブもあって、トルコはトルコとして確立した文化があるというのが印象のようです。

そして、期待以上にトルコの人々が優しくて親近感を持ったとか。今回はカッパドキアに行けなかったので、いつか行ってみたいと語っています。

氏は、自身の5枚目となるアルバム「KEY MAKER」を今年7月2日にリリース予定で、そのプロモーションビデオ撮影も行いました。アルバム「KEY MAKER」は、全17曲入り2枚組。初回版と限定版にはDVDが、特別限定版にはオリジナルグッズが特典として用意される予定です。


トルコ

<報道関係者の皆様からのお問合わせ先>
トルコ共和国大使館・文化広報参事官室広報代理店
株式会社マイルポスト 担当:松本、斉藤(麻帆)
TEL: 03-5275-2461 / FAX: 03-5275-2467
Email: turkey_pr@milepost.co.jp