ガイド

マルマラ海地方

ブルサ周辺

ブルサから40km北西にある イェニシェヒル には、かわいらしいトルコ特有の民家がたくさん集まっています。18世紀のシェマキ邸は、現在博物館として公開されています。

マルマラ海の南東にある ブルサ の街は、 ウルダー (ミシアのオリンポス山、2543メートル)の斜面にあります。ブルサの名前は、その建設者であるビテュニア国の王プルシアスに由来します。後にローマ人が押し寄せ、ビザンチン帝国の支配が続いた後、1326年にオルハン・ガーズィが征服し、オスマン帝国の初代の首都になりました。そのためここにはオスマン様式の建築物が多数現存しています。

「緑のブルサ」として知られるように、この街には庭園や公園が多く、緑の平原も見渡せ、果樹栽培も盛んです。ブルサは今も昔も絹貿易とタオル製造、そして温泉で有名です。名物料理のイスケンデル・ケバブは、グリルした肉とパンにトマトソースと溶かしたバター、ヨーグルトを添えた料理です。ぜひ試してみてください。クルミの飴がけも名産です。

市内巡りは東部の イェシル・テュルベ (緑の霊廟)から始めます。庭園の中に建てられたブルーのタイルの目にも鮮やかな大霊廟には、メフメット1世の記念碑があります。 道を挟んで立つ1424年建設のイェシル・モスクは、セルジュクとは対照的な新オスマン様式の審美主義が表現されています。近くにあるメドレセ(イスラム神学校)は民族博物館の一部です。

ここらへんで伝統的なティーハウスに立ち寄って休憩してみてはいかがでしょう。一休みした後東へ坂を登り、エミール・スルタン・モスクを通り過ぎ、古い家並みを抜け、ユルドゥルム・ベヤズット・モスク(1391年)へ足をのばしましょう。

さあ、今度はジュムフリイェット広場(地元ではヘイケルの名で知られています)に向かいます。アタテュルク大通りを散歩しながら進むとコザ公園で、花壇と噴水の間にカフェテラスがあちこちにあります。公園の向こう側には、コザ・ハン(1490年)と呼ばれる絹生産のための繭が取り引きされる長屋が建っています。

さらに進むと、狭い路地やキャラバンサライ、古書や骨董品を売っているアーケード付きバザール、ベデステンに出ます。コザ公園の反対側にあるのが、1339年に建設されたオルハン・ガーズィ・モスクで、ブルサでも最も古い宗教建築物の一つです。近くにあるウル・モスクはセルジュク様式で、彫刻が美しくほどこされたクルミ材の説教台と印象的なアラベスク文様が目を引きます。ここでは珍しくシャドゥルワン(お清めのための泉)がモスクの中にあります。

ウル・モスクから西に歩くと、ヒサールと呼ばれるブルサでも特に美しい一角に着きます。渓谷を見渡す公園の中には、オスマン帝国を設立したオスマンと、その息子でブルサの征服軍を指揮したオルハン・ガーズィの霊廟があります。トプハネのカフェで一息いれてみましょう。

チェキルゲ の西のはずれは、ローマ時代からミネラル分を多く含んだ温泉で有名です。ホテルのほとんどは温泉付きですし、伝統的なハマムもあります。イェニ・カプルジャ(新温泉)は、1552年にスレイマン大帝の宰相、リュステム・パシャによって建てられたものです。エスキ・カプルジャ(旧温泉)は、ビザンチン時代の浴場跡に建設された最古の浴場です。カラムスタファ・パシャ浴場は、ブルサでも最も良質のミネラル温泉が出ることで評判です。

チェキルゲにある建築物では、モスクやムラト1世の大霊廟、宗教詩人スレイマン・チェレビの墓が面白いでしょう。カラギョズ記念碑は、そのユーモアぶりからトルコで不朽の名声を得ている、あやつり人形の影絵劇作家カラギョズを称えたものです。

ウルダー はトルコでも最大のウィンタースポーツのメッカで、さまざまなスポーツが楽しめ、宿泊施設、娯楽施設が充実しています。ブルサから車やケーブルカーでわずか36キロと、アクセスも簡単。スキーは12月から5月がベストシーズンですが、この地域は国立公園に指定されている風光明媚で澄んだ大気のおいしい場所ですので、一年中いつ訪れても楽しめます。

ブルサから29キロメートルのゲムリッキ湾には砂浜が広がり、なかでもクムラは人気があります。