ガイド

カッパドキア

アヴァノス

ネヴシェヒルから北東18kmに位置するアヴァノスでは、ヒッタイト時代からの陶器作りの伝統が今も息づいています。陶器を焼く人や見物する人でにぎわう陶器の作りの本場は、もうすぐそこです。自分でも陶器を焼いてみたい方は、工房を訪れ、エプロンを着けてろくろの前に座ってください。その後はあなたの腕と発想の豊かさ次第です。陶器作りの名人があなたのそばに立って微笑みながら応援してくれるでしょう。何かアドバイスをしてくれるかもしれません。お帰りの際はご自分の作品と共に、職人の技が光る作品も、楽しいひと時の思い出として忘れずにお持ちください。

カイセリ県のイェシルヒサール郡にあるソアンル渓谷に建つカラバシュ教会、クッベリ教会、聖バーバラ教会(タフタル・キリセ)は、その建築様式と緻密なフレスコ情景画でとりわけ重要な教会です。

ニーデから8km北東のギュミュシュレルの町にあるエスキ・ギュミュシュ教会は岩窟修道院教会で、極めて緻密で繊細に施されたフレスコ画で飾られています。そのほかにも、カヴラクテペ、フェルテック、コナクル、バーラマ、カユルルの地下都市やイェシルユルト教会、アクダシュ・アンダバリス教会もクリスチャンにとって重要な意味を持つ名所です。トゥヤナの古代都市(ローマ時代)も見応えがあります。 クルシェヒル県のウチャヤック、デレファクル、アフラック、アクサクルといった洞窟は、キリスト教にとって重要な歴史のある祈りの場です。