ガイド

東部アナトリア地方

東部アナトリア地方について

トルコ国境南側と平行して走るトロス山脈は、北端で黒海山脈と繋がり、広大な範囲に渡ってトルコ東部の国境をかたどっています。

トルコ東部、南東部の驚く程さまざまな景色に、旅行者は目を見張ります。エルズルムのレッド・オーカー (代赭石)の台地、森、滝、カルスやアールの緑の牧草地、旧約聖書にも出てくる根雪を被ったアール(アララット)山、そして紺碧の水をたたえた巨大なヴァン湖。この広大な地域では、住居や生活様式も多種多様です。たとえば、典型的なカルスの住居は、地面に直接建てられた土屋根のある小さな家です。大部分のカルスの人々は質素な生活で、また一般に親切で心の温かい人達です。

この地域は長く波乱に満ちた歴史の舞台であったため、ビザンチンの僧院や教会、セルジュクの霊廟、隊商宿、オスマン・トルコの品性高いモスク、そして丘の上に立つ城跡など、多様な文化遺産が残されています。