ガイド

アンタルヤと地中海地方

トルコのリビエラ・トルコのリビエラ

アンタルヤでは、松の木に覆われたトロス(タウラス)山脈がキラキラと輝く澄んだ海まで広がって、岩の多い岬とひっそりとした入り江による複雑な海岸線を作り出しています。
年間300日も太陽の恵みを受けるこの地方は、日光浴や水泳、ウィンドサーフィン、水上スキー、セーリング、登山、洞窟探検などのスポーツのパラダイスです。3月か4月にアンタルヤを訪れると、午前中はスキーを、午後は温かな地中海で水泳が楽しめます。松林、オリーブや柑橘類の果樹園、椰子の木、アボカドやバナナのプランテーションが広がる景観の中に点在する重要な史跡を、目にすることができるでしょう。

トルコのリビエラは、トルコ観光の中心地です。ツーリストクラスからデラックスホテルまでニーズに合わせた宿泊施設が揃っています。温かくもてなしてくれるアンタルヤの人々が、あなたの休暇を快適で楽しいものにしてくれることでしょう。

アンタルヤ

メリハリのある素晴らしい景観に囲まれたトルコの主要なリゾート地アンタルヤは、木陰を作り出す椰子の並木道と賞を受けたマリーナのある魅力的な町です。まるで絵画の様な美しいカレイチの古い界隈では、細く曲がりくねった通りと古い木造の家々が、古代都市の城壁に隣接しています。

紀元前159年、彼自身にちなんでその都市をアッタレイアと名付けたペルガモンの王、アッタロスⅡ世によって築かれて以来、アンタルヤには常に人が住み続けてきました。オスマン帝国の支配下に入る前は、ローマ帝国、ビザンチン帝国、セルジュク朝によって次々に占領されてきました。町の中心にあるセルジュクの王アラエッディン・ケイクバッドによって13世紀に建てられたイヴリ―ミナレリ・モスクの気品ある襞飾りのあるミナレット(尖塔)は、アンタルヤのシンボルとなっています。同時代に建てられたカレイチ地区にあるカラタイ・メドレセ(神学校)は、セルジュクの石彫りの傑作と言えるでしょう。この町にある最も重要な2つのオスマン帝国時代のモスクは、目を見張るようなタイル装飾を施した16世紀のムラット・パシャ・モスクと、18世紀のテケリ・メフメット・パシャ・モスクです。

マリーナの隣には、4本の柱を天然の泉に立てその上に切石で建てられた19世紀後半の魅力的なイスケレ・モスクがあります。フドゥルルク・クレスィ(塔)は、2世紀に灯台として建てられたと考えられています。以前は教会であったケスィック・ミナレリ・モスクは、ローマ、ビザンチン、セルジュク、そしてオスマン帝国によって継承される中で改築を重ねてきており、この町の長い歴史を裏付けています。

130年にハドリアヌス帝がアンタルヤのファセリスを訪れた際には、同帝をたたえて、コリント式円柱と美しく装飾された3つのアーチを持つ門が、町の城壁に作られました。それが城壁を通り抜ける唯一の入り口でした。マリーナの近くには、城壁の他の部分だけでなく、この門に隣接する2つの塔が今でも残っています。カレカプス広場にある時計塔もまた、旧市街の要塞の一部です。

アタテュルク公園とカラアリオール公園では、色鮮やかでエキゾチックな花々と、山々を背景にした入り江のきらめく水が、なぜアンタルヤがこれほど有名なリゾート地となったかを物語ってくれるはずです。東海岸にあるアクアパークでは、エキサイティングなウォータースライドを含む、あらゆる種類のウォータースポーツが楽しめます。

受賞歴のあるアンタルヤ・カレイチマリーナとレジャーセンターは、ヨットの停泊とサービスは勿論のこと、たくさんの土産物屋と気さくなカフェやレストランがあり、トルコで最も美しいマリーナの1つと言われています。午前中はセーリングを、午後はマリーナの安らぎを楽しめます。夜にはライトアップされた古い城壁が、静穏と悠久の雰囲気を醸しだしてくれます。

旧石器時代からオスマン帝国時代までの遺物が展示されている考古学博物館では、この地域の豊かな歴史を垣間見ることができます。紀元前5400年から8500年頃のものとされる2色染めの陶磁器をぜひご覧ください。アタテュルク博物館では、トルコ共和国の建国の父が使用した品々が展示されています。(両館とも土曜・日曜・月曜休館)

秋に開催されるアンタルヤ・アルトゥン・ポルタカル(金のオレンジ)フィルム・アート・フェスティバルは、多くの参加者と観光客に人気です。アスペンドスの古代劇場は、アスペンドス国際オペラ&バレエ・フェスティバルの素晴らしい舞台となっています。アンタルヤでは、毎年宝石フェアも開催されています。